甲板のある家

甲板のある家

『 甲板のある家 』

地域の風を読み冷房負荷を減らし、地域の日射を知り暖房負荷を減らす暮らし。

敷地を見た時に冷暖房にあまり頼らずに暮らせるのではないかと考えた。
敷地は旗竿状敷地となっており、道路面から3.5mほどの高台になっている。
南側は住宅地となっているが、北側には畑が広がり、西側には農家の立派な屋敷林が残っていた。
夏は日中南側からの吹き上げの風があり、朝方は北側からの吹きおろしの風が期待できたので、南北に大きな掃出し窓を1階2階に設置して南北の風を最大限活かせるように。
通風雨戸を活用しながら夜間通風を積極的に取り入れ、日中暖められた建物の冷却を行えるようにし、屋敷林の緑陰を取り込むよう西側に樹木を配置、掃出し窓を設けて緑陰の冷気を取り込めるようにした。
樹木を植え、軒を大きく出し、すだれを掛け徹底的に日差しを入れないようにし、冬は高断熱・高気密住宅の家の性能に加えて、大きな開口から冬の日差しをいっぱい取り込めるようにした。

ただ暮らすのではなく、アプローチを通るたびに季節を感じられ、気持ちの良い日は家族みんなでバーベキューを楽しんだり、疲れた時には窓の外の景色を楽しむ、昼間のお風呂で陽をいっぱい浴びながら入浴し、寒い冬の夜には薪ストーブの火を家族みんなで囲んだりできる楽しいお家になるように考えた。

 

previous arrow
next arrow
外観 - 道路より
Slider
 
 
DATA
建 築 地:埼玉県所沢市
敷地面積:201.40㎡(60.80坪)
延床面積:110.85㎡(33.46坪)
竣  工:2011年12月

こなから建築工房 藤岡
埼玉県所沢市/設計事務所/工務店/設計施工/高気密/高断熱/外張り断熱/注文住宅/リフォーム



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up