『多摩川建築塾』2回目の講義に行ってきました!

『多摩川建築塾』2回目の講義に行ってきました!

今回、第回目の講義は講師である藤井さんの実物件となる敷地での課題発表でした。

課題はすごく簡単に説明すると、奈老後に田んぼをしながらのびやかに暮らすというもの。

このプランでのキーは、現在ある井戸は必ず活かすということ。

井戸は敷地の一番良い場所にあり、車での作業もあるということから車の出入りも考えなくてはいけませんでした。

その他、農機具等を収める納屋などもありすごく楽しみながらプランすることが出来ました。

独立して仕事をしていると、私が考えたプランがそのまま形になります。

こういった勉強会などでプランを建築家の方に見ていただき、講評を頂けると自分では気づかない気付きを頂けます。

それはとてもとても大切なことだと考えています。

自分よがりなプランではなく、きちんと地域やクライアント、もちろん私の思いも合わさったプランが出来るよう

これからも『学び』を続けていきたいと思います。

 

今回発表した課題

 

課題発表の様子

 

藤井 章先生による講義

 

懇親会でも建築談義が途絶えません(笑)

 

次回は建築家 丸谷 博男先生の講義になります。

今からとても楽しみです。

こなから建築工房 藤岡

埼玉県/所沢市/川越市/狭山市/清瀬市/小平市/東村山市/小金井市/久喜市/パッシブデザイン/無垢材/自然素材/設計事務所/工務店/設計施工/高気密/高断熱/外張り断熱/注文住宅/リフォーム/設計性能評価/建設性能評価/長期優良住宅/中庭のある家/和の佇まい/家づくり学校/多摩川建築塾

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up