平成最後のブログです

平成最後のブログです

最近バタバタ続きでブログの更新が遅れて申し訳ございません。
現在『川越の家』と『狭山ヶ丘の家』が着工しており、ゴールデンウイークの10連休で資材等の仕入れも止まってしまうため対応に追われておりました。

工事はどちらも順調に進んでおります。
その間に家づくり学校さんのバスツアーで たくさんの方に『川越の家』 の構造を見ていただきました。

『川越の家』 では埼玉県飯能市の『西川材』ヒノキを使用し、全部の柱を強度試験を行いヤング係数を100以上確保し印字しております。
また許容応力度計算を構造、基礎共に行い『耐震等級』3を確保しております。
強度だけではなく完全外張り断熱を採用し、高い断熱性能と気密も確保しております。もちろん気密測定は必ず実施し、0.4以下をお約束させていただいております。

こういった、施工現場を見学することはとても大切なことだと思います。
出来たしまった家は建売でも注文住宅でも好みはあれど壁の中は分からないのですから。

現在 『川越の家』では外壁に使われる杉板をクライアントが塗っております。
こうやって施工に参加することで現場との一体感やメンテナンスも覚えることが出来ますね。

ご家族で塗装を楽しむUさん

ゴールデンウイークが明けたらいよいよこの杉板を張っていきます。
今からとても楽しみです!

こなから建築工房 藤岡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up