メニュー
設計思想

設計思想

設計思想

何気ない日常が、かけがえのない時間に。

こなから建築工房の“こなから”とは「半分の半分」や「少し」という意味合いがあります。ちょっとした工夫で、そこで暮らす家族の生活がとても豊かに、過ごしやすくなる。そんな設計を心がけています。

設計思想

3つの設計作法

  1. 1

    住まい手となるご家族にきちんと寄り添って設計を行います。

    こなから建築工房は、代表である藤岡正洋が最初のヒアリングから設計打ち合わせ、実施設計、建物完成までの現場管理の全てを担当します。ですから、打ち合わせをする営業担当者と設計担当者が別々で要望が設計に反映されていないなんて事はありません。

    生活スタイルや家づくりへの要望はご家庭ごとに千差万別。当然、求められる設計も一つとして同じものはありません。こなから建築工房はご家族の想いにきちんと寄り添いながら、家づくりの専門家としての提案もプラスした設計で、豊かな暮らしを実現します。

  2. 2

    自然の力を借りるパッシブデザインを基本としています。

    パッシブとは「受身の」という意味です。自然のエネルギー(太陽の熱や風など)を建築的な方法や工夫によって上手にコントロールし、快適な環境で暮らせるようにするのがパッシブデザインです。

    夏は日差しを遮りつつも冬には温かい日差しを取り込むことができる様に軒の長さを計算したり、家の中を心地よい風が抜ける様に窓を設けたり、庭に落葉樹を植えて夏は緑陰の冷気を取り込んだり。 エアコンなどの機械設備だけに頼るのではなく、設計で住環境をコントロールし、四季に寄り添いながらより快適に暮らせる住まいを手がけています。

  3. 3

    建物だけでなく、庭まで含めてご提案します。

    日々の暮らしは外とつながることでぐっと心地よくなります。家のどこに窓を設け、どのように外とつながると、より心地よく暮らせるのか? それは敷地と周辺環境をきちんと読み解き、設計の段階から庭づくりまで計画することが大切です。

    また、住まい手のご家族と木々の選定や植栽を一緒に行なっています。ご自身の手で選び植えることで庭にも愛着がわき、住み始めてからの手入れをより楽しんでもらえると考えています。「家」+「庭」=家庭という字になるように、庭が家族のコミュニケーションを広げてくれるはずです。