Slider

 

 

「設計思想」

 

何気ない生活が、かけがえのない時間に。

 

こなから建築工房の“こなから”とは「半分の半分」や「少し」という意味合いがあります

普段の生活に少しの工夫を加えるだけで生活がとても豊かなものになると考えます

 

家族がそろう休みの朝はウッドデッキで朝食

食事のあとはハンモックに揺られながら読書、傍らで遊ぶ子供たちの笑い声

板張りのお風呂からは木の香りが漂い、窓からはモミジが季節の移ろいを教えてくれる

薪ストーブがつくる炎の揺らめきが家族の和やかな時間を作り出す

 

この時間を大切にしたいと思える家づくりを “こなから” はとても大切に考えています

 

『四季の移ろいを感じ、時と共に美しくなる家』

家族みんなが安全で快適、そして様々な幸せがおとずれる家をつくることが

こなから建築工房の思いです

 

 


『川越の家』完成見学会予約満員御礼!

『川越の家』完成見学会予約満員御礼!

クライアントのご厚意により埼玉県川越市にて7/6(土)・7/7(日)の2日間完全予約制にて […]

建築家 若原 一貴さんの准教授就任・出版記念パーティーに出席させていただきました!

建築家 若原 一貴さんの准教授就任・出版記念パーティーに出席させていただきました!

いつもお世話になっております建築家の若原一貴さんが日本大学 芸術学部の准教授に就任され、ま […]

『狭山ヶ丘の家』上棟いたしました!

『狭山ヶ丘の家』上棟いたしました!

『狭山ヶ丘の家』が上棟いたしました。『狭山ヶ丘の家』は埼玉県県産材である『西川材』ヒノキを […]

『川越の家』気密測定を行いました!

『川越の家』気密測定を行いました!

『川越の家』では外張り断熱材の施工も終わり、サッシが入り電気や設備配管も終わったため気密測 […]

『狭山ヶ丘の家』順調に進んでおります!

『狭山ヶ丘の家』順調に進んでおります!

GW前に配筋検査も指摘なしで終わり、ベースコンクリートを打ち込みました。 今の季節であれば […]

Scroll Up