Slider

 

 

「設計思想」

 

何気ない生活が、かけがえのない時間に。

 

こなから建築工房の“こなから”とは「半分の半分」や「少し」という意味合いがあります

普段の生活に少しの工夫を加えるだけで生活がとても豊かなものになると考えます

 

家族がそろう休みの朝はウッドデッキで朝食

食事のあとはハンモックに揺られながら読書、傍らで遊ぶ子供たちの笑い声

板張りのお風呂からは木の香りが漂い、窓からはモミジが季節の移ろいを教えてくれる

薪ストーブがつくる炎の揺らめきが家族の和やかな時間を作り出す

 

この時間を大切にしたいと思える家づくりを “こなから” はとても大切に考えています

 

『四季の移ろいを感じ、時と共に美しくなる家』

家族みんなが安全で快適、そして様々な幸せがおとずれる家をつくることが

こなから建築工房の思いです

 

 


「川越での家づくり」の秋・冬号に3棟掲載されました!

「川越での家づくり」の秋・冬号に3棟掲載されました!

『甲板のある家』『こなからの家』『所沢の家の家』の三棟6ページが「川越での家づくり」で紹介 […]

多摩川建築塾3回目の講義に行ってきました!

多摩川建築塾3回目の講義に行ってきました!

今回の講師は建築家の丸谷博男先生でした。 空気集熱式「OMソーラー」を知る人は多いと思いま […]

『飯能の家』はじまります!

『飯能の家』はじまります!

飯能にてクライアントと一緒に土地探しをしていましたが、7月に土地が決まりました。 飯能駅徒 […]

『多摩川建築塾』2回目の講義に行ってきました!

『多摩川建築塾』2回目の講義に行ってきました!

今回、第回目の講義は講師である藤井さんの実物件となる敷地での課題発表でした。 課題はすごく […]

『小金井の家』お引渡しでした!

『小金井の家』お引渡しでした!

東京都小金井市にて、設計をさせていただいた『小金井の家』のお引渡しでした。 『小金井の家』 […]

Scroll Up