メニュー

素材へのこだわり

素材へのこだわり

経年と共に美しくなる住まいを目指して。

無垢の木の床は柔らかく、夏はさらりと、冬は暖かく過ごすことができます。時が経つことで汚らしくなるのではなく、艶が出て味わいの増す、そんな愛着のわく家を目指しております。そこで育つ子供たちには、本物の素材に触れ、温もりを感じながら暮らして欲しいという願いから、こなから建築工房では自然素材にこだわり、自分自身が納得してお勧めできるものだけを使用しています。

素材へのこだわり

こなからの家のこだわり

  1. 地元の木を使う

    構造材には埼玉県飯能市の西川材(ひのき)を使用しています。生まれ育った気候や地のものはその人に合うように、木材にも同じことが言えます。地産地消の推進はもちろん、家を建てるうえで地元の木を使うということは理にかなっています。また、ご希望でしたら自宅に使用する材が加工される様子をプレカット工場で見学する事も出来ます。これも地元の木を使うからこそ可能になる貴重な経験です。

  2. 自然素材にこだわる

    ビニルクロスや集成材など、化学物質を使用した新建材はシックハウス症候群の原因となります。こなから建築工房では、安心して健康に暮らしていただきたいという想いから自然素材にこだわっています。 自然素材の木の家は、手を掛けることで時を経るごとに美しくなってくれます。きちんとお手入れ出来るか不安に思われる事もあると思います。ちょっとしたコツなどをアフターメンテナンスの定期点検にお伺いした際にアドバイスいたします。

  3. サイディングは使いません

    現在建てられている多くの家は『サイディング』と言われる外壁材を使っています。年月を重ねると汚れやコーキングの劣化などどうしても汚い印象が強くなり、メンテナンスが必要なため高額なランニングコストがかかります。 こなから建築工房では、屋根は瓦・ガルバリウム鋼板、外壁はガルバリウム鋼板・板張り・漆喰しか採用いたしません。どれも初期費用は高くなりますが、メンテナスのしやすさや劣化しづらいものを採用しております。

こなからの家 主な仕様

構造材埼玉県飯能市の西川材(ひのき)
断熱材壁・屋根:カネライトフォームFX 50mm 基礎:パフォームガード50mm
外壁仕上げ材ガルバリウム鋼板・板張り・漆喰
内壁仕上げ材珪藻土クロス
ガラス・サッシLIXIL エルスターS