メニュー

確かな性能

確かな性能

ちいさな工務店だからこそ、たしかな性能をご提供します。

こなから建築工房では、安心して家を建てていただくために建設性能評価を取得し積極的に第三者検査を行っております。全ての物件で許容応力度計算と気密検査を実施。長期優良住宅の認定も取得可能です。実際の施工途中の現場をご見学いただく機会も設けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ちいさな工務店だからこそ、性能はしっかり確保しながらコストを下げ、自由度の高いご提案ができると自負しています。

※長期優良住宅の認定を受けるためには費用がかかります。また申請は着工前までに行う必要があります。認定取得をご検討の場合はお早めにご相談ください。

確かな性能

こなからの家 基本性能

  1. 全棟構造計算を実施

    木造2階建て住宅などの建物は構造計算が義務づけられていないため、構造計算を行わない会社が多くあります。資格をもった建築士が仕様規定に則して設計すれば、建築基準法に定める構造耐力を有している家だと認められるからです。しかし実際には強度が足りない可能性もあることから、こなから建築工房では安心して暮らしていただくために全棟で許容応力度計算を実施しています。住宅性能評価における最高等級の耐震等級3をお約束します。

  2. 全棟気密検査を実施

    完全外張り断熱を採用し、高い断熱性能と気密を確保しております。気密(C値)が取れていないと、空気の流れをコントロールできずに建物内で温度差のある家となってしまいます。また、いくら良い断熱材を厚く入れてもこの気密が取れていないと内部結露を起こしカビや腐朽菌が繁殖しやすくなってしまいます。 埼玉県の次世代省エネルギー基準(Ⅳ地域)はC値5.0以下とされていますが、こなから建築工房では第3者機関による全棟気密測定を実施し、C値0.5以下をお約束します。

  3. エアコン1台

    最近はハウスメーカーなどで全館空調が主流となっております。高額な器機を設置し、高額なメンテナンス費用、高額な電気代を払って快適な環境をつくっています。 こなから建築工房では、高断熱・高気密住宅であることに加え、パッシブデザインを取り入れることで、上記なような大げさな機械に頼らなくてもルームエアコン1台で家中の冷暖房を賄えます。設備費や電気代も安く、環境負荷も少ないため自然にも優しい家となっております。

薪ストーブのある暮らし

冬の暖房器具として薪ストーブをお勧めしています。薪ストーブの炎が体の芯からじんわりと暖めてくれます。お料理にも大活躍、家族が自然と集まり会話も弾みます。 薪ストーブを採用するときに悩むのが「薪をどう確保するか」ということ。こなから建築工房では、薪ストーブを設置されたお宅向けに薪用の間伐材を無料で提供してもらえるようにサポートしています。ご興味がありましたらお気軽にご相談ください。